MENU

深刻なボディー外傷や起こりうる病魔

女子ホルモンは、女子の心身のボディーを司っていると言っても過言ではない立場です。そのため、その分泌音量や兼ね合いが変化することは、ボディーに対して様々な影響を及ぼすことにつながると考えられます。

 

女子ホルモンの変遷によって及ぼされる魅惑として、別にボディーと直結していると考えられるのが血管に対する魅惑です。女子ホルモンのエストロゲンには、血管の柔らかさを維持すると共に、コレステロールを抑制する働きがあります。

 

そのため老化や緊張などによって女子ホルモンの分泌に変遷が生じて、エストロゲンの分泌音量が低下すると、ひとたび血管が硬くなり易くなります。

 

女性ホルモン,サプリ,増やす,病気

 

再び脂質の新陳代謝が悪化することにより、コレステロールが蓄積され易くなります。コレステロールには善玉と悪玉、ふたつの品目があります。こういう際、悪玉コレステロールは血管の障壁に入り込み、余分なコレステロールを蓄積される効用があります。

 

余分なコレステロールが蓄積されると、血管はぐんぐんハリを失っていきます。詰まり女子ホルモンの兼ね合いの変化は、ダブルの部分から血管に対する柔らかさのマイナスを招くこともあると言うことです。

 

血管の柔らかさが低下すると、動脈硬直が引き起こされ易くなります。動脈硬直とは、簡単に言うと血管が破れ易い、また詰まり易い状態にあることです。

 

女性ホルモン,サプリ,増やす,病気

 

そしてこれは、脳卒中や脳こうそくなどの脳血管性問題や狭心症や心筋梗塞と言った心臓疾患の大きな懸念前提であり、また高血圧や糖尿疾患と言った生活習慣疾患との脈絡も濃い情況です。

 

そういった病は、生命のリスクに直結することは当然、適正なフォローがさっと遅れただけでも、重篤な後遺症を引き起こす可能性が高い病でもあります。ですから女子ホルモンの変遷には、万全の対策をとることが求められます。

 

それほど閉経頃にある、一般的には更年期と呼ばれる年代の女子に関しては、今まではスムーズ成果だったのに急激にコレステロール成果が増加すると言うことも少なくありません。

 

女性ホルモン,サプリ,増やす,病気

 

そしてそれが引き金となって、今まで健康であった輩でも、急に重篤な病にかかることもあります。無論、女子ホルモンの変遷だけがその要素と言うわけではありません。

 

しかしこういう層に差し掛かってきている輩は、殊更注意が必要です。また若い人も、生年月日を重ねたときのことを考え、女子ホルモンに対するセルフケアを行っておくことが重要です。

 

たとえば女子ホルモンと似た編制をしている大豆製品を上手に利用することは有効で、これはコレステロール減らす意味でも効果が期待できます。

 

>>女子ホルモンを増やすホームページへもどる<<

このページの先頭へ