MENU

美肌を保つ為にも女性ホルモンが必須

肌荒れや肌質の遷移に悩む者は多いでしょう。それは、コラーゲンの作成音量が減り、肌の弾力が低下して、保水力が落ちている結果であると言われています。コラーゲンの作成音量が減る理由は何でしょうか。

 

大きな理由は、女子ホルモンが減っていることです。女子ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つがあり、それほど卵胞ホルモンは肌にいとも動機が奥深いと言われています。

 

女性ホルモン,サプリ,増やす,素肌

 

こういう女子ホルモンが減ると、コラーゲンの作成音量が減り、保水音量が減る結果肌荒れや肌質の遷移が起きるのですが、それだけではなく、気持ちにも影響を及ぼします。

 

生理前に感想が落ち込むのは、そのためです。では、女子ホルモンを増やすにはどうしたらいいでしょう。対策はたくさんあります。健康を冷やさない所、正しい身辺をする所、栄養バランスの整った食事をする所、大豆など女子ホルモンくんものを多く含む食べ物を積極的に摂取することなどです。

 

女性ホルモン,サプリ,増やす,素肌

 

また、ハーブを取り入れるのも効果があります。女子ホルモンを増やすと言われるハーブには、ローズ、カモミール、セージなどがあります。ローズは女子ホルモンの配分を整えます。

 

バランスをとってくれるハーブなので、ほかのハーブを組み合わせると効果があります。ローズが入ったコスメティックスがありますし、ハーブティーで摂るのもいいでしょう。少し摂取すると、肌荒れが少なくなり、肌質がよくなったという例があります。

 

女性ホルモン,サプリ,増やす,素肌

 

カモミールは、がんらい婦人病に効果があると言われているハーブで、ヒーリング効果が高いです。晩寝る前に、ハーブティーで摂ったり、オイルマッサージをするのがいいでしょう。

 

セージは、女子ホルモンくん成果が手強いハーブです。少量で効果があるので、地味に使用し、ローズなどバランスをとってくれるハーブと一緒に取り入れるのがおすすめです。

 

ただ、女子ホルモンを過剰に摂取するのも問題があります。たとえば、大豆のサプリメントを多量に摂取すると、寧ろ生理不順や立暗みなどが起きる恐れがあります。

 

卵胞ホルモンだけが増えるとホルモンバランスが崩れてしまい、逆成果になってしまいます。肌荒れを防ごうと思っていたのに、面皰ができたということにもなりかねません。

 

女性ホルモン,サプリ,増やす,素肌

 

まずは、食べ物をバランスよく摂りましょう。大豆はサプリメントでなくても、豆腐、みそ、納豆、きなこを食べれば無理なく補充できます。また、健康を冷やさないようにしょうがを取り入れたり、お風呂で温まりましょう。

 

風呂につかればヒーリング効果も期待できます。ホルモン配分を整え、肌荒れを回避するには、食べ物に心がけ、ヒーリングを心がけることから始めましょう。

 

>>女子ホルモンを増やすホームページへもどる<<

このページの先頭へ