MENU

関節への影響で腱鞘炎などにも

更年期になると膝をはじめ、関節が痛くなったという人が多くなります。そして関節の炎症を訴える多くの人が女性なのです。なぜこのようなことが起きるのでしょうか。それは女性ホルモンと大きな関係があります。

 

女性ホルモン,サプリ,増やす,整える

 

女性ホルモンの材質は実は一種類ではないのですが、卵巣組織の悪化と共に減っていくのがエストロゲンと言われるホルモンです。

 

更年期になるともっとはじめ舞台の乳腺外敵ホルモン(プロゲステロン)とエストロゲンの配分が崩れ、関節への影響を与えるのです。それは関節を動かす潤滑油的行為が減っているために引き起こされている恰好なのです。

 

実は閉経後に関節の炎症を訴えたりリウマチになるパーソンが数多く、パパと女性のリウマチの割合は1対4となっています。こういう結果からも、女性ホルモンの働きがいかに女性の体に影響を与えて、身体を保つみたい助けてくれているかが分かります。リウマチの女性が分娩すると、恰好がひどくなることが報告されています。

 

女性ホルモン,サプリ,増やす,整える

 

最近ではスマホの使いすぎで腱鞘炎を訴えるパーソンも多くいますが、実はそれも女性ホルモンが関係しているケースがあります。放っておけば炎症は治ると考えて使わないようにするかもしれませんが、そんなふうに考えている人の家屋、ポイントの姿が変形してしまったパーソンもいます。

 

腱鞘炎でそのようなことは起こりません。そのようになるのは「へバーデン結節」と言われる疾患と、「ブシャール結節」と呼ばれる疾患です。

 

関節がコブ状になり、指が歪曲したりしますが、閉経後の女性によく見られます。痛みが伴うこういう疾患は全体を治療し、ホルモン配分を整えるようにする必要があります。女性ホルモンは減少してしまうとこのように体に不調をきたす症状が現れる場合があります。

 

また、エストロゲンには骨を破壊する細胞を減少させ、骨を作る細胞の活性化を助ける働きがありますので、骨の新陳代謝に濃い関係があります。

 

若くても膝や関節の痛みを感じる女性はしだいに増えてきていますが、まずい習慣のためにホルモン配分が乱れていることが原因になっているかもしれません。

 

女性ホルモン,サプリ,増やす,整える

 

女性ホルモンが減少するとそんな炎症だけでなく、人肌の調子が乱れたり、反対にパパホルモンが増えて髪の毛が抜け易くなったりすることもあります。

 

年齢が原因である場合が多いですが、若くても気をつけないとリウマチや炎症が起こることがあります。ホルモン配分に心掛け、サプリメントなどで必要な栄養分を補ったりしながら対処していきましょう。

 

>>女性ホルモンを増やすホームページへもどる<<

このページの先頭へ